疲労回復物質とアンチエイジング

疲労回復物質とアンチエイジング

体は活動することで疲れを感じます。これは活動に伴い、疲労物質が体内で生成されるからです。疲労物質の蓄積は老化現象につながります。そのためこの物質をいち早く処理することがアンチエイジングにつながるわけです。体は疲労物質に対抗するために疲労回復物質を生成します。そのためこの物質の生成を促すことが疲労回復とアンチエイジングにつながるわけです。
体内に疲労物質が発生するサイクルにはパターンがあります。たいていの場合、活動時間が長い日中に疲労物質がたくさん生成されます。そして体を休めることの多い夜に疲労回復物質が大量に生成される傾向にあります。そのため人が夜に寝ている間に疲労物質が処理され、体外へと排除されます。その結果疲れが取れるわけです。
この働きを促すためには夜にしっかりとした睡眠を取ることが重要です。定期的に、そして深い睡眠を取ることができれば疲労回復物質の生成を促し、アンチエイジング効果が発揮されるのです。