顔のしみ、しわを気にしなかったころから

顔のしみ、しわを気にしなかったころから

こう言うのは早くから対策を考えておかないといけないのよ、と、親戚から言われたころにはすでに顔のあちらこちらに
しみが出来た後でした。
親戚はその頃、化粧品を扱う仕事をしていたので、私のしみが気になったようです。
本当は、まだ若くて、しみやしわが気にならない時から、将来を考えてケアし続けておかなければならなかったようで、
今からできることはないかしら、と相談したのが親戚でした。
手っ取り早く、その部分に塗り込んで隠すファンデーションを購入しましたが、それでは根本的な解決にはならないので、
今度は美容液を購入しました。多くの人から支持されていると聞き、教えられた通り、根気よく毎日その部分と少し周りを
含めて美容液を塗り込んでいきます。しわに関しても、鏡を見る度に増えていくような気がして、人前で笑うのも億劫に
感じるようになってから、アンチエイジングの化粧品をカウンセリングを受けて選んでもらい、それも一緒に塗りこみます。
なんとかしわを伸ばして、しみを軽減させることができないか、毎朝、毎晩奮闘しています。